呼吸法の使い分け

 

 

トレーニングの際

 

呼吸の仕方はとっても大切

 

まずはそこの練習からスタートすることも沢山あります。

 

 

 

そして

 

トレーニングで主に使うのがこの2つ

 

 

(※イメージとして捉え易いかなと、缶に例えてみました)

 

●ドローイン

 

(お腹を凹ませるような使い方)

 

 

【特徴】

  1. くびれづくりに向いてる
  2. 重心の位置が高い(立位の時)
  3. 可動性が高い
  4. 安定性は低い
  5. 支える力は弱い

 

 

 

 

●ブレイシング

(お腹周りを緊張させ、張らせるような使い方)

 

 

 

特徴

 

 

  1. くびれづくりに向いていない
  2. 重心の位置が低い(立位の時)
  3. 可動性が低い
  4. 安定性は高い
  5. 支える力は強い

 

 

 

 

どちらがいい?という話ではなく、

 

特徴を理解し

 

目的やメニューに合わせてうまく使い分けられると

良いのではないでしょうか♪